追悼 101歳のおばあちゃん

101歳になった私の祖母が3月30日亡くなった。

与えられた命をきれいに、最後まで使いつくしたという感じだった。

乳飲み子を抱え、夫に先だたたれたのが40代半ば、

それから、必死で働いて

9人の子ども、23人の孫、50人を超えるひ孫を残してくれた。

お葬式は4月1日、春の日差しが一杯の日だった。

こんなに日にみんなに見送られるばあちゃんは幸せだね。

じいちゃんや、若くして亡くなったおじさん、おばさんに会えているかな。

ありがとうございました。

私は、私の命を最後まできれいに使っていこうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同窓会・ありがとう!!

 14年?ぶりの同窓会。懐かしい高校を、おじさん、おばさんたち7人で歩く。春休みで静かな校舎が、急ににぎやかになる。30年ぶりの教室。配置はそのまま。ロッカーもそのまま。中庭の桜の樹には、ほころび始めた花が美しい。

 一瞬にしてその当時に戻る気持ち。若々しい気持ちが戻ってくる。そして思い出も。

 散策が終わると、さらに人数が増えて食事会。「誰だっけ?」と笑いながら確かめ合って、思い出を語る。みんな、どうしてた?元気だった?

 人生いろいろだから、きっと苦しいことも悲しいこともあっただろうけど、みんなで集まれば、何の飾り気もなく、素直に話せる。

 この次は8月に会おうね!と言って別れた。

 それまで、みなさん、どうぞお元気で。そしてまた会いましょう。元気をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震!!!

久しぶりの更新です。

大地震です。皆様ご無事でおられるでしょうか。

井上ゼミの修了生の皆様、お世話になった先生方、

皆様のご無事を祈っております。

何かできることがあったら遠慮なくご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧正月から始まり

あけましておめでとうございます。

何と本年は旧正月から始まります。

しばらくサボっているうちに、いろんな方から「ブログ見てるよ」と声かけをいただきました。そのたびに「最近サボっててすみません」といっていました。

また、気持ちを新たにがんばります。本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何と、1か月半のごぶさたでした!

皆様、大変ごぶさたしておりました。

9月は新学期で、楽しいこと、嬉しいこと、満載でした。ブログを書く間もないくらいの、怒涛の日々でした。

8月24日は福岡県教育センターに奥田先生がおいでになりました。ちょうど佐藤方哉先生がお亡くなりになった日だったのですが、しっかり講義していただきました。感謝でした。

9月6日は志水先生と食事会と九州大会の打ち合わせ。

学校ではぞくぞくと授業研究がおこなわれ、そのまとめで大忙し。でも、本校の算数の授業の課題と成果をつかむことができ、先生方に感謝の日々。

そして9月最大のお楽しみは井上雅彦先生においでいただき、講演や親の会でお話していただいたこと。そのあとは長崎での特殊教育学会に参加し、長崎も満喫できたこと。

連休を有意義に過ごした後は、運動会モードに突入。今年も子どもたちのがんばりに感動させられた。

そんなこんなで、あっという間に1カ月半。

今は算数の授業と特別支援教育コーディネーターとして、次の年度の見通しを立てているところ。詳細についてはぼちぼち報告していきます。ブランクは時々ありますが、今後ともお立ち寄りくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

占い当たる?

小倉駅で、ちょっと時間があった。以前から手相が気になっていたので、見てもらった。

「何を占いますか?」速攻で「仕事。」(色気ないなあーーー。)

「そうですね・・・・おや、いろいろ変化がありますね。」「ストレス溜まってますね」「体に気をつけてください。」・・・・まあ、順調に成長している三段腹をみれば、それくらいのことはいえるわな・・・・・

占いやってみるなんて、魔が差したと思ったけれども、最近、また一つ新しい仕事に挑戦することになった。「ヨクカケール」を飲まないといけないのだ。

頼まれたことは基本「はい」といって引き受けることにしている。そこからひとつずつ開けてくるからだ。声をかけてくださったS先生に感謝。これまで学んできたことを集約する機会になると思います。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和と中島俊介先生

 今日は広島原爆の日。福岡県の小学校では一斉に平和授業が行われた・・・のは、昔の話。今は、夏季休業中の出校日はなく、福岡県下でもいくつかの地域だけで行われているのが「平和授業」だ。

 福岡に生まれ、育った私は「平和授業」は、「あるもの」「当たり前のもの」と思っていた。毎年、暑い夏になると「戦争と平和」について学校でお話を聞いたり、話し合ったりするのは、苦しい戦争を体験した日本人なら、当たり前と思っていた。(だけど、それは全国的には珍しいんだって。それでいいのか?!)

 修学旅行が広島や長崎だったのも「当然」の気がした。被爆体験を長崎の小学校で聞くことは、「本当のこと」として幼い子供の心に残った。

 教師になってからは、平和授業を行う立場になった。原爆のこと、長崎のこと、広島のことを調べた。子どもたちに分かりやすく話そうと思った。心に残る話をしようと思った。

 修学旅行では、やはり被爆体験を子どもたちと一緒に聞いた。教室では突っ張っている子どもたちも、ぐっと涙をこらえたり、今生きている幸せをかみしめたりしていた。そのとき一人の心豊かた女の子が書いた一句がこれ。

 口の中 あめ玉入れて 空を見る  原爆落ちた 空と比べて

 子どもの心は素晴らしい、過去も現在も飛び越えて、一気に心がつながっている。人間も草も木も、命あるものもないものも、過去も未来も現在も、本当はみんなつながっている。今ここが「平和」であるようにと願い、行動していくことがきっと誰かと、何かとつながって、「平和」が拡散してく。「核拡散」ではなく「平和」を拡散していこう。

 そのために、「無私」の気持ちで何か役に立つことをする。それが私にできる「平和」の作り方・・・・今日、北九州大学教授 中島俊介先生のお話を聞いておもったこと。

 8月9日は長崎原爆の日について考え、行動する取り組みが小倉で行われる。それが自分の使命だと中島先生はおっしゃる。その志にたくさんの人が参集していく。それこそが、自分が平和の主体者だと気付かせる貴重な行動だ。

 そんな先生に出会えた私たち。ありえないほどラッキーな一日だった。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいすき

 「だいすき!」と、ひさしぶりに言われた。ひひひ。

 もちろん、色っぽい話ではありません。1年生の女の子に言われちゃった。入学して間もないころから、おしゃまさんで通っている女の子。

 担任の先生が出張だったので、1時間ピンチヒッターで教室に上がると、彼女が「だーーいすき!」と言ってくれた。(なんでだかは、よく分からないんだけど)

 子どもの純粋な一言に、今日も心が満たされた一日だった。子どもから力をもらって生かされている感あり。感謝、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業改善とは?

 ある研修会に参加した。指導方法工夫担当の教員が集まる会だ。話題はもちろん「授業改善」分科会での協議は、「どうしたら、子どもが主体的に授業に参加し、力をつけることができるのか?」ということになった。

 一般的に授業改善と言えば、単元構成の工夫とか、指導形態の工夫とか言われるが、最近、もちろんそれもあるが、もっとあるんじゃないかなと考えている。

 だって、もう何十年も「単元構成の工夫」とかで、全国の何万もの学校が研究しているのに、「自ら学ぶ」も「確かな学力」もなかなか実現できていないから。

 特別支援教育の現場でも、「もっと一人一人をよく見て」と言われるが、その結果、「できるだけ一人一人に分かりやすく」教師がサービスすることになってしまって、「子どもがやりたい」「もっと知りたい」「まだまだできるよ」というより「教えてあげるから口を大きく開けなさい」という感じで噛み砕いて口に運んでやっている感じがする。

 どうして、自分から食べようとしないのか?

 これをもう少しちゃんと考えたらいいと思う。

 本当の食べ物だったら、「好きな食材を」「好きな味付けに調理し」「おなかが減った時に出す」をすれば、子どもは言わなくても食べる。ぐんぐん食べる。

 さて、授業ならどうか。どうしたら子どもから手を伸ばしてくるのか。

 今頭の中に浮かんでいるのは「自発的行動」「学び合い」「指導と評価の一体化」「キャッチ&レスポンス」「自己決定」「自己選択」・・・・・もうちょっとで一つにつながりそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごほうびが先の人生

 GW終わって、体調も整い、復調している。しかし、仕事は増える一方。頭の中で考えていることは、なかなかよいのだが、出力がイマイチ。

 こんなときには、自分にごほうびだーーーー!と、あきれるぐらい自分に甘い。ごほうびはもちろん温泉、温泉。九州が温泉天国でよかった!!

 湯布院というと、人が多いと思っている人もいますが、GW明けはさすがに人も少ない。というか、人の少なそうな土曜日午前中を狙っていくのがコツ。

 早起きして、10時には別府湾SAにつくようにすると、朝の気持よい高原の風にあたることもできる。11時まで景色を見たり、本を読んだりしてくつろぐと、Pロールで有名な喫茶店が開店。早速入ると一番いい席でPロールセットをいただくことができる。人もまだ少ないし、あー、極楽。

 のんびりと別府インターで降りて、鶴見岳へ。天気がよければ、新緑の山々を見下ろせるロープウェイが最高!山の頂上で下界を見下ろすと脳の疲労もばっちりとれそう。

 12時に降りてくれば、そこから湯布院の町に。この時間帯なら空いている立ち寄り湯も多く、私お気に入りの立ち寄り湯に行く。由布岳が眼前に広がり、しかもお客は私一人。なんと贅沢な!!!

 お昼ごはんは、おいしい地鶏おにぎりとお茶で十分。

 あとはのんびり高速で帰宅。なーんと3時にはおうちに帰れちゃう。なんて幸せな土曜日。夕方までのんびり昼寝して、夜はゆっくり仕事。あー最高な土曜日。

 自分を甘やかしながらだけど、今日も一日ありがとうございました。うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧