算数授業力アップセミナー・九州大会

 満を持して?授業力アップセミナー九州大会を開催する。これまで志水塾の実技講習に参加された先生方も、「何だそれ?」と思っている方も、ぜひご参加ください。

 志水廣先生からは「子どもも先生もワクワクして算数をしようよ」と言われました。そうですね。子どもたちの「できたよ!」「わかったよ!」という声を聞くと、教師もワクワクします。また、授業中の子どもたちの熱いドラマに、またワクワクします。

 ワクワクする算数の授業とは、どんな授業でしょう。そんなことも、九州大会では話題にしたいですね。

 興味のある方は「志水廣」 「算数授業力アップセミナー・九州大会」で検索していただくと、申込書が見つかります。

(アップしようと思ったけど、失敗しました。すみません。)                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝・感謝の志水塾本大会終了

 第八回の志水塾本大会が終了した。私は第一回目からの参加者で、皆勤賞。今年も塾長の志水廣先生、スタッフの皆様に心から感謝。

 特に志水先生は前日に腰を痛められて、大変だったと思うが、最後の講演では、本当に気合と愛にあふれるお話をしていただいた。算数の指導方法の話の底に、人間を見つめ、生き方をも教えていただける話がある。福岡から参加したNさんは、心にしみて、涙が出たといっていた。

 志水先生が最後におっしゃった言葉が、心に残った。「先生たちよりも賢い子どもたちにするんだよ。そうすれば、きっと明るい未来になる。」その通りだ。私たちは子どもたちを王座につかせるためにいるのだ。一人ひとりが人生の王座につき、その人の場所を明るく照らす人にするのだ。

 そんな先生になりたいから、これからも学び続けようと思う。全国の志ある先生方と手をつないで。

 K先生、いつも優しくしてくださって、ありがとうございます。わがままな私を温かく受け止めてくださるので、安心してなんでも相談できます。これからもよろしくお願いいたします。

 鹿児島の「センター・クロマティー」先生も遠い島から帰還した。おかえりなさい!クロマティー先生!!

 そして、もうすぐ帰ってくる、ベルギーの百ちゃん。みんな待っていますよ。早く会いたいよ!

 星占いの通り、今年は何だかすごい年になりそう。感謝、感謝。幸せ。幸せ。ありがとう、みなさん。本当にありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

授業をビデオ撮影

 W先生に刺激されて、算数の授業をビデオに撮っている。5年生の算数、「円をくわしくしらべよう」の単元。8時間。子どもたちを鍛えながら、受容しながら指導できるか、苦手だった授業のテンポよさにも挑戦。

 なかなかバランスの取れた授業はできないが、子どもたちの反応が毎回よくなる。また、算数の振り返りも価値づけのポイントを思い出してきた。特別支援学級ではテンポがゆっくりだと思われるだろうが、ある意味ハイスピードなのだ。テンポが悪いと、子どもの集中が途切れる。指示が不確かだと伝わらない。何を学習しているのかを吟味しないと先生の笑顔を手がかりに答えを出しているなんてこともある。

 いつの間にか、特別支援学級の子どもたちに私が鍛えてもらっていたのだ。通常学級の40名の子どもたちを相手にして改めて思った。「子どものお守り」をしている特別支援学級ではなく「子どもを鍛える」特別支援学級でありたい。 子どもたちが持てる力を十分発揮できるように。その思いで続けてきたことが、間違いではなかったと感じた。

 それにしても、毎回「やっちまったなー」と感じる瞬間がある。明日は「授業の緩急」が課題。テンポよくいくところとじっくり考えるところ、立ち止まるところ、それを事前に自分の頭の中に叩き込んでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志水先生来福

 2月4日、志水先生来福。「来福」っていい響き。志水先生と一緒になると、さらに福が一杯と言う感じ。

 いつものおっかけメンバーで夕食。いろんな話で盛り上がる。たくさん笑うのはよいことだ。「授業失敗したけど、DVDにして志水先生に送ったんよね。」とW先生。ものすごく忙しい中、志水先生はこちらに向う飛行機の中で見てくださったそうだ。「頭がぐるぐるしたよーー。」と冗談をおっしゃって、座も盛り上がる。一人一人を大切にすること、誠実に対応することは、大人も子どもも同じだ。だから、志水先生の授業は温かい。

 今年の福岡大会は3月1日日曜日、飯塚市立頴田小学校にて。グループワークと実技をするためそう多くは募集できない。すでに定員に達しているとのこと。子どもとのやりとりを練習する実技がある研修はほとんどないと思う。「子どもの言葉で授業を創る」とはよく言われるが、やってみると難しい。それはどうしてなのかという謎が、この研修を受けると分かってくる。始めた頃からみると、随分進化した。それは多くの先生方がいろんな知恵を出し合って研修を作ってきたからだ。このような研修会にかかわることができたことが、本当に不思議。

 頴田小学校の先生方に学びながら、しっかり準備を進めていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志水塾本大会終了!

 あーーーーーーーーー楽しかった!毎年愛知詣でと家人はいうけれど、一年の実践に向う姿勢をピンとさせてくれる会。北は青森から南は福岡まで、算数をよりよく教えることを通して、明日を生き抜く子どもたちを育てようという会。単なる「学力向上のため」だけではないことが、塾長の志水先生の哲学にある。

 全国の仲間の懐かしい顔を見て、たくさんパワーをいただいている。今年7回目を迎えたが、7回皆勤というのは、塾長はじめほんの数名らしい。私もその中の一人であることがわかり、とてもうれしかった。熱しやすく、醒めやすい私がこんなに続けていることは他にない。学校では、目先のことに右往左往されていて、肝心の子どもを育てることが抜け落ちているように思う。しかし、ここに来れば、志を同じくして子どもたちを育てることを熱く語れる仲間がいる。福岡の仲間も今年は総勢11名参加。過去最高の参加人数。塾長のあふれる「愛」を受け、「学び愛」の仲間を増やしている。今年も「一人立つ」という気概で、私の学校、私の地域で実践したい。そして、一人でも多くの子どもたちと保護者に明日への希望を持っていただけるようにしたい。

 愛知スタッフの皆様に本当に感謝しております、中でも真木先生、年末もお正月もなく私たち地方参加者への細かな連絡やお気遣い本当にありがとうございました。真木先生の誠実さの上に、私たちの喜びがあると思っております。

 志水塾長のこれからも益々のご活躍とご健康をこれからも遠い福岡より祈っております。3月1日の福岡大会に向けて準備を始めます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も志水塾本大会

 今年も1月第2週の土・日に愛知教育大学で志水塾本大会がある。準備は愛知の先生方を中心にずいぶん前から始まっている。教員集団が自主的に行う研修としてはなかなかないものと思う。

 特徴は、研修の準備をする中でスタッフが多くを学べるということ。若手・中堅の先生方が実働されながら、ベテランからの指導や検討も入る。そんな研修会に参加できると言うのは本当にラッキーなこと。そのための準備を怠りなくしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)