« 2010年8月 | トップページ | 2011年2月 »

算数授業力アップセミナー・九州大会

 満を持して?授業力アップセミナー九州大会を開催する。これまで志水塾の実技講習に参加された先生方も、「何だそれ?」と思っている方も、ぜひご参加ください。

 志水廣先生からは「子どもも先生もワクワクして算数をしようよ」と言われました。そうですね。子どもたちの「できたよ!」「わかったよ!」という声を聞くと、教師もワクワクします。また、授業中の子どもたちの熱いドラマに、またワクワクします。

 ワクワクする算数の授業とは、どんな授業でしょう。そんなことも、九州大会では話題にしたいですね。

 興味のある方は「志水廣」 「算数授業力アップセミナー・九州大会」で検索していただくと、申込書が見つかります。

(アップしようと思ったけど、失敗しました。すみません。)                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい知らせは突然

 就学相談や進路相談の季節になった。教師の立場でできることは、本人、保護者の選択肢を増やすこと。その為に力をつけていくこと、質の良い情報を伝えること。

 しかし、選択は保護者がされたとしても、本当にそれでよかったのかは、いつも気になる。

 先日、駅でばったりA君のお母さんにであった。進路についていろいろ悩んだと聞いていた。小学校を卒業する時、一緒に考えたり、いろいろ選択肢を考えたりしたが、お母さんもやはり中学校3年間いろいろ悩まれたようだ。

 でも、A君は無事にK高等学園に進学し、陸上やサッカーに活躍しているそうだ。本人からも「お祭りや文化祭には来てください」と元気そうなメールと写真が送られてきた。

 たくさんの子どもたち、保護者と出会ってきたが、その後のよい知らせを聞くと、本当に安心する。一人でも多くの子どもたちが自分の力を出し切り、自分の道を切り開いていくことを願っている。

| | コメント (0)

何と、1か月半のごぶさたでした!

皆様、大変ごぶさたしておりました。

9月は新学期で、楽しいこと、嬉しいこと、満載でした。ブログを書く間もないくらいの、怒涛の日々でした。

8月24日は福岡県教育センターに奥田先生がおいでになりました。ちょうど佐藤方哉先生がお亡くなりになった日だったのですが、しっかり講義していただきました。感謝でした。

9月6日は志水先生と食事会と九州大会の打ち合わせ。

学校ではぞくぞくと授業研究がおこなわれ、そのまとめで大忙し。でも、本校の算数の授業の課題と成果をつかむことができ、先生方に感謝の日々。

そして9月最大のお楽しみは井上雅彦先生においでいただき、講演や親の会でお話していただいたこと。そのあとは長崎での特殊教育学会に参加し、長崎も満喫できたこと。

連休を有意義に過ごした後は、運動会モードに突入。今年も子どもたちのがんばりに感動させられた。

そんなこんなで、あっという間に1カ月半。

今は算数の授業と特別支援教育コーディネーターとして、次の年度の見通しを立てているところ。詳細についてはぼちぼち報告していきます。ブランクは時々ありますが、今後ともお立ち寄りくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年2月 »