« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

菜の花合同学習会・クレーム対応事例に学ぶ

 26日土曜日、コラボネット菜の花の合同学習会を開催した。講師は篠木潔弁護士。クレーム対応については、各地で講演されていれ、大変好評を博している。

 ちょっとしたつがなりがあって、小さな学習会だけれどもお招きすることができた。ありがたいことである。

 弁護士としては、もっと法律的なことに触れたかったと思うが、あえて、「クレーム対応の事例」というところでお話をしていただいた。

 話を聞いているうちに、自分がクレーマーっぽくお店の方に苦情を言っている姿が目に浮かんだ。言いたくないけれども、敢えて言うのは、そのお店にもっとよくなってほしいからだ。「つぶれちゃっても平気」と思っている店にはクレームはつけない。

 そうか、クレームを言うというのは、まだ期待が残っているということ、あるいは、クレーマーが困っているのに気づいてほしいということか。

 「クレームは宝の山」と企業のクレーム対応係はいうらしい。学校の教員はそう思えるだろうか。

 学習会の感想にこんな言葉があった。「自分としてはクレームがこないようにと精一杯頑張って、誠意を尽くしているつもりなのに、クレームが来ると、すごく凹む。」本当にそうだ。だからこそ、「クレームの向こう側」にあるものに、じっと耳を澄まし、目を凝らしていくことが必要なのだろう。

 会が終わって弁護士先生に聞いてみた。「一番いやなことは何?」

 「そりゃ、クレームやろ。凹むよ。」

 あはは、当事者になると、みんな同じ。だから、励まし合って「宝の山」を見つけるんだね。当事者も「共感」しあって、よりよい方向に進んでいきましょう!

 参加者の皆様、講師の先生、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増殖中・アメーバ福岡?

 今年も愛知教育大学の算数公開講座に参加した。福岡チームはアメーバのように増殖中。102名の受講者のうち、16名が福岡チーム。

 公開講座の特徴は、実践発表が豊富であること。今回も4つのテーマで発表があった。実践的なもの、研究的なもの、生き方にかかわる話、どれも授業観を確かなものにするために必要であった。

 そして、それを束ねる志水先生の毎回の進化。どんな状況でも、前向きに、明るく小走りしていく志水先生の後ろ姿を追いかけながら、福岡では楽しい仲間たちと一緒に歩みをすすめている。

 今回参加できなかったI先生、次は絶対行きましょうね。また、福岡の子どもたちにしっかり学力をつけ、自分の夢を実現できるような力と自信をもたせていきたい。

 本当に子どもたちが算数を、学ぶことを、友と歩むことを楽しいと感じてくれるように、これからも全国の仲間と手を携えていきたい。

 研究主任仲間のS先生、N先生、お互い、研究の要としての役割を果たせるよう、がんばりましょう。いつも私の相談相手W先生。頼りにしています。これからも応援団長よろしくお願いいたします。そして、たくさんの福岡チームの先生方。がんばりましょう。いい授業を作っていきましょう。よろしくお願いします。

 目標は九州大会の開催。いつものゆるい学習会ではなく、温かいが引き締まった学習会にしたい。計画は随時お知らせしますので、全国のみなさん、九州においで下さい。お待ちしております。happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好奇心こそ私

 新しいものが出ると、「何だろう?」と思ったり、知りたくなったりする。最近ではiPadが気になっている。誰か買わないかなと思っている。

 15年ぐらい前、インターネットやメールがまだ普及していなかったころ、友達と携帯電話をノートパソコンにつないで「踊る大捜査線ごっこ」をやって面白がっていた。(確か「踊る大捜査線」で車の中で通信してたような。)

 それから、技術は日進月歩。ある時期を境に急速に伸びた。

 楽しみにしているのは、電気自動車。今の車の車検が切れるのが2年後。そのころには電気自動車がかなり普及しているのではないだろうか。がんばれ日産、カルロス・ゴーン社長!それまでに自動車貯金しておくから。

 人間、スタートとゴールは必ず決まっている。この世にいる間に、もっともっと、知らないことや分からないことを知ってみたい。経験してみたい。

 この年になって、まだそんな落ち着きのないことを言っていると、ずっと昔、お寺のお坊さんに言われたことを思い出す。

 「好奇心だけでは、この世の中渡っていけんぞ、喝!」

 いえいえ、この落ち着きのなさこそ、私が私であるゆえんなのです。今日もまた一つ新しい仕事に挑戦する機会を得た。機会を作ってくださった方々に感謝。happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいすき

 「だいすき!」と、ひさしぶりに言われた。ひひひ。

 もちろん、色っぽい話ではありません。1年生の女の子に言われちゃった。入学して間もないころから、おしゃまさんで通っている女の子。

 担任の先生が出張だったので、1時間ピンチヒッターで教室に上がると、彼女が「だーーいすき!」と言ってくれた。(なんでだかは、よく分からないんだけど)

 子どもの純粋な一言に、今日も心が満たされた一日だった。子どもから力をもらって生かされている感あり。感謝、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲む・うつ・カウ

 最近の教師は「飲む、うつ、カウ」が増えているそうだ。

 これを読んで「ああ」と思った方、センスがいいか、ご本人か、どちらかだと思う。「飲む=薬を飲む」「うつ=うつ病」「カウ≂カウンセリング」だって。

 なかなかうまいことを言うなあ。でも、教師ってそんなにつらい仕事かなあ。もちろん、モンスター保護者、しつけられてない子ども、頼りない管理職、いじめがある職場なんかだったらつらいだろうけど。

 でも、救いはいつも子どもだぞ、と私は思っている。子どもはすごい。子どもは優しい。子どもは元気。子どもは忘れる。子どもは笑う。子どもは正直。子どもは変わる。

 もし、悩んでいる人がいたら、あなたのことを心配している小さな瞳に気づいてほしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業改善とは?

 ある研修会に参加した。指導方法工夫担当の教員が集まる会だ。話題はもちろん「授業改善」分科会での協議は、「どうしたら、子どもが主体的に授業に参加し、力をつけることができるのか?」ということになった。

 一般的に授業改善と言えば、単元構成の工夫とか、指導形態の工夫とか言われるが、最近、もちろんそれもあるが、もっとあるんじゃないかなと考えている。

 だって、もう何十年も「単元構成の工夫」とかで、全国の何万もの学校が研究しているのに、「自ら学ぶ」も「確かな学力」もなかなか実現できていないから。

 特別支援教育の現場でも、「もっと一人一人をよく見て」と言われるが、その結果、「できるだけ一人一人に分かりやすく」教師がサービスすることになってしまって、「子どもがやりたい」「もっと知りたい」「まだまだできるよ」というより「教えてあげるから口を大きく開けなさい」という感じで噛み砕いて口に運んでやっている感じがする。

 どうして、自分から食べようとしないのか?

 これをもう少しちゃんと考えたらいいと思う。

 本当の食べ物だったら、「好きな食材を」「好きな味付けに調理し」「おなかが減った時に出す」をすれば、子どもは言わなくても食べる。ぐんぐん食べる。

 さて、授業ならどうか。どうしたら子どもから手を伸ばしてくるのか。

 今頭の中に浮かんでいるのは「自発的行動」「学び合い」「指導と評価の一体化」「キャッチ&レスポンス」「自己決定」「自己選択」・・・・・もうちょっとで一つにつながりそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もラッキー?

 昔から、「確認」が苦手。やってるつもりでも何か忘れていることがある。

 新幹線の座席を間違える。ちゃんと確認して座ったつもりなのに、若いお姉ちゃんから「おばちゃん、違ってるじゃん」的な視線を受けながら席を替わるのは、本当に恥ずかしい。

 臨床心理士の試験会場でも、座席番号を間違えた。ちゃんと受験票をみて、確認したはずなのに・・・。

 そして、今日。愛知教育大学の公開講座、申し込んだつもりなのに返信がない。さ来週に迫っているのに・・・・おかしい・・・・送信済みのメールを見た。

 宛先が、今年の宛先と違っていた・・・・ shock

 何とか募集期間に間に合った。しかし、気を取り直して、思いなおしてみる。「今気付いたからラッキーじゃないか!!!coldsweats01  今日も一日、笑いで締めくくれた。今日も一日ありがとうございまし。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よっしゃーー!

毎日忙しい。でも、毎日授業に全力投球している。

子どもたちは、一生懸命がんばっている。こちらのちょっとしたミスで、学習の状態がぐぐっと落ちるのも分かる。そんなときは、反省、反省。

人はなかなか言ってくれなくなったので、自分で反省しなければ・・・。

なーんで、殊勝なことを考えていると、神様は見ているのだなあ。

センター研、希望の講座が当たった!!!!!奥田先生の講座、当たりましたーーーーー!!!!!やったぜーーー!!

教育センターで、どんなお話をされるのか、本当に楽しみ。夏の終わりに楽しい研修。ルンルンルンルン。

明日も超忙しいんだけど、がんばるでーーー。

| | コメント (0)

カクトワカール?

 算数関係の原稿を二つ、ようやく仕上げた。「カクトワカール」というのは、架空の薬の名前だ。これを飲むと自分の文筆力が分かる。

 頭の中にあることも、文章にしてみると「たったこれだけかよ」とか「薄い知識だなあー。」ということがよく分かる。だから、いろんな本をもう一度読んだり、資料を集めなおしたりするわけだが、付け焼刃はよくない。実践家ならば、自分の実践が理論に意味づけられ、実践で得た感触がどんな値打ちがあるのかを理論を通して知らなければならない。

 もっと「カクトワカール」を飲んで自分自身を知り、この次は「モットカケール」を飲んで、人の役に立つ原稿が書けるようになりたい。

 それにしても、最近入力も足りないな。反省反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »