« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

特別支援教育学習会・菜の花

 長続きしない私だが、「菜の花」という学習会組織の運営は続いている。もう、6年ぐらいにはなるかな。はじめは、うまくいかないこともあったが、最近は楽しく運営していくことができる。その理由は三つ。

 一つは、メールで連絡をすることにしたこと。何しろ学習会というのは連絡するのが面倒くさい。これがネックだったが、最近はほとんどの方がメールを使われるので助かる。3つの部会それぞれをグルーピングしておけば、連絡は一斉送信で可能。

 二つ目は、それぞれの部会にしっかりしたメンバーがいること。私がぐずぐずしていても、誰かがどこかで声をかけてくれる。または、いろんな仕事を手伝ってくれる。最近では、「○○やってみよっかな」と言えば、「ああ、また始まったよ・・・。」とあきれ顔で手伝ってくれる奇特な方も増えた。

 三つ目は、毎回参加費を取ることにしたこと。会費を取ると、全会員に責任が生じてくるが、来た人から参加費をいただけば、来た方が会員ということになる。続けて連絡してほしい人はメアドを教えてくださるので、連絡は次回からいくことになる。毎回会計するので、あまりを少しずつプールしていけば、年に1から2回は大きな学習会が可能になる。

 と、いうことで、金曜日も特別支援教育の学習会をした。こちらも本年度から月に1回のペースで行うので、広がっていくだろう。今回は福岡教育大学の太田先生にもおいでいただき、ありがたい限りだった。地域の先生方とこれからもつながっていきたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごほうびが先の人生

 GW終わって、体調も整い、復調している。しかし、仕事は増える一方。頭の中で考えていることは、なかなかよいのだが、出力がイマイチ。

 こんなときには、自分にごほうびだーーーー!と、あきれるぐらい自分に甘い。ごほうびはもちろん温泉、温泉。九州が温泉天国でよかった!!

 湯布院というと、人が多いと思っている人もいますが、GW明けはさすがに人も少ない。というか、人の少なそうな土曜日午前中を狙っていくのがコツ。

 早起きして、10時には別府湾SAにつくようにすると、朝の気持よい高原の風にあたることもできる。11時まで景色を見たり、本を読んだりしてくつろぐと、Pロールで有名な喫茶店が開店。早速入ると一番いい席でPロールセットをいただくことができる。人もまだ少ないし、あー、極楽。

 のんびりと別府インターで降りて、鶴見岳へ。天気がよければ、新緑の山々を見下ろせるロープウェイが最高!山の頂上で下界を見下ろすと脳の疲労もばっちりとれそう。

 12時に降りてくれば、そこから湯布院の町に。この時間帯なら空いている立ち寄り湯も多く、私お気に入りの立ち寄り湯に行く。由布岳が眼前に広がり、しかもお客は私一人。なんと贅沢な!!!

 お昼ごはんは、おいしい地鶏おにぎりとお茶で十分。

 あとはのんびり高速で帰宅。なーんと3時にはおうちに帰れちゃう。なんて幸せな土曜日。夕方までのんびり昼寝して、夜はゆっくり仕事。あー最高な土曜日。

 自分を甘やかしながらだけど、今日も一日ありがとうございました。うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復調の兆し

 風邪ひいてたのに、どうしても温泉に行きたくて、近くの「SEA SIDE SPA」へ。ここは北九州市の観光名所「スペースワールド」のすぐ隣にある温泉。ちょっとしょっぱい汐湯なのだが、とても心地よい。

 フロントのお姉さんが笑顔で迎えてくれて、

「ゲームをやってます。一本刺してください。」wobbly

「刺す?あ、これね。」・・・目の前にあったのは「黒ひげ危機一髪」。昔団子三兄弟たちと一緒に遊んだ、あれですよ。ちょっぴり自信があった。

「人形が飛び出たら、入浴無料券を差し上げます。」と、お姉さんがきまりきった口調で言う。「はい、残念でした。また次回お待ちしております。」という言葉が、後に続きそうだった。

「あ、出た」

黒ひげのかわりに入っていたスティッチが、私に背をむけたまま、よっこらしょ、という感じで飛び出た。

「おめでとうございまーす。無料券です。次回お使いください。」

さすが、受付嬢。プロの対応。見事なスマイル。

「ど、どーも。」と、恐縮して受け取る。

どん底の中に、次の希望の光が見えるのだ。復調の兆しあり。一枚の紙切れにそれを感じることができる自分に、やはり、○だーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばっている私に○

怒涛の4月を乗り切ったと思ったら、GWは風邪をひいてしまった。。weep

初日は温泉と映画でHAPPYheart02だったのに・・・。今だ鼻水ぐずぐず・・。

まあ、悪いのは体調だけで、他はいたって順調そのもの。

 4月25日の志水塾福岡大会フォローアップ研修会では、また一つ新しい取組が始まり、いよいよ九州大会に向けて踏み出した感あり。なんでも「やるんだーー!」と言ってみるもんです。

 それにしても、大きなけがを押して福岡に駆けつけてくださった志水先生に心から感謝。

 そして、いつも楽しく学習会を支えてくれる仲間たちに感謝。

 最近正木孝昌先生の算数授業の本を二冊読んだ。大西貞憲さんと玉置崇先生の対談HPも読んだ。改めて志水廣先生の本を読み返した。自分の勉強不足にあきれた。いい年をして、なかなか知らないこと、気付かずにやってしまったことが多い。改めて「知らない」ということは、教師として「罪」になるなあと感じる。

 少しでも多く、本物の情報をつかんでいかないと・・ちょっと焦る。だって、あと三年で「エビータ」の仲間入りだもん。coldsweats01(あんなに美しい「エビータ」ならいいけどさーー)気持ちがまだまだ若手のまんま。いかんなあ。

 でも、人間○からスタートするのが一番。そこからまた一歩進もう。

 デスクトップに張り付けた「アリス・イン・ワンダーランド」のチェシャ猫(字幕ではチェシェ猫?)ちゃんに毎日励まされながら、「今日も一日、ありがとうございました」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »