« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

楽しいことを数える

 落ち込んだ時には、楽しいことを数えることにしている。

 最近楽しかったこと、これから楽しみにしていることを数えるのだ。

 最近うれしかったこと

 団子三兄弟の真ん中、○くんの成長。会話が続くようになった。人への質問も、要求もできるようなった。感情表現も豊かになった。

 ジョニーデップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン」がTVで4週連続で放映され、最近購入した大きなTVで満喫した。

 新学期を迎えて、学校でいろんな保護者から声をかけていただけるようになった。学級を持っていないので保護者とのつながりは担任ほど濃くはない。しかし、いろんな場で特別支援教育や算数科学習指導の話をさせていただくことが多くなり、保護者の方にも少し私の役割について理解していただいたり、使ってみようと思っていただいたりするようになったきた。この学校に来て4年目。うれしい限り。

 しばらく前に相談を受けていたお母さん。専門機関を紹介したが、うまくいっているか心配だった。しかし、その後いろんなことが好転しているとの話を聞き、ほっとした。縁を作っていただいた真城知己先生に、感謝。

 これからうれしいこと、楽しみなこと

 私の町で、いよいよペアレントトレーニングがスタートすること。井上先生、松岡先生のご指導で。あーー、楽しみ!9月には井上先生にまた来ていただけるようお願いしている。本当になったら、もっと楽しみ!

 県の教育センターの講座に奥田健次先生がおいでになる!教育センターと奥田先生、なんだか、背広の世界に迷い込むパンクロッカーという感じで、何だか不思議。講座の申し込みはしたけど、当たるといいなーー。

 学習会の計画目白押し。4月25日には、志水塾福岡大会のフォローアップ講座を開く。午後は九州大会に向けてのスタッフ会議。楽しみ、楽しみ!

 もうすぐ村上春樹の1Q84 3巻が出る。早く読みたい。

 余談ですが、村上春樹がイスラエルで行った演説には、相当感動した。やっぱり、私は生まれ変わったら村上さんの奥さんになりたい。

 福岡で吉本興業の大きなイベントがあるらしい。友達がチケットを取ってくれるそうだ。5月9日。笑って、笑って、笑い倒すぞーーー!

 なんやかんやいっても、こんなに楽しいことがあるから、人生、明日があるさと元気が出てくるんだな。単純にそう思える私って、幸せなのかもしれないなあ。

 今度うちの学校においでになった公務員さんの素敵な一言で締めくくろう。

 「今日も一日、ありがとうございました。失礼いたします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男に生まれれば

「君は男に生まれればよかったなあ。」と、幼なじみの弁護士先生に言われた。

 中身はすっかり男性化しているが、まあ、一応女性だ。うれしいような、悲しいような。

 実は、結構よく言われる。自分でもそう思う。男だったらなあ。

 でも、女だったから紆余曲折、いろんなことに柔軟に挑戦できたのかも、とも思う。女の目から見ると、男の世界や見栄やルールや、序列に気を使うことも多いように見える。どっちがいいかという話ではないが、見栄やルール、序列などは苦手な私だから、男社会では通用しなかったかもしれない。

 ま、これからは男も女も関係なく、いいことにはどんどん手を出して、楽しくやっていこうと思う。件の弁護士先生からは、たくさん教えてもらうことも多い。いつか、二人で大きな仕事をしようといって10年。そろそろその実現に向けて歩き出す時期かもしれない。

 これからも切磋琢磨して、自分の力を役立てたい。男になったつもりで?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧めの温泉

 落ち込んだ時には、温泉に限る。

 一人で、できるだけ遠くの温泉に行く。今回は佐賀県。気になっていた「山茶花の湯」へ。

 10時の開店に合わせて行く。土曜日の朝は狙い目。まだ人も少ない。建物は4年目になるそうだが、新築かしらと思うくらいきれい。施設もよく清掃されていて清潔な感じ。受付の方もとても感じがよかった。

 お風呂がまたよくって、露天風呂からは佐賀平野が一望できる。2時間、たっぷりと温泉三昧で、帰りは東背振トンネルに向かう途中の展望所によっていく。地元の物産品もあり、買い物も楽しむ。あーー極楽、極楽。

 九州自動車道まで約10分。最高のアクセス。十分、満喫しても帰宅は午後2時。土曜日のリフレッシュに最適。

 次の日曜日には、俄然張り切って大掃除。いいなあ、このサイクル。

 温泉万歳!九州万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月絶好調!4月うーーーん??

 人間の運気というのは、やはり、上がり下がりがあるようだ。

 3月は本当に絶好調だった!なんといっても3月5日に鳥取大学の井上雅彦先生が、私たちの町に来て下さった。少人数で、たっぷりとお話を聞かせていただく機会を得て、3月4日が誕生日だった私にとっては、一日遅れだけど、最高のバースデープレゼントになった。

 その他、3月は仕事も充実していたし、新しい仕事への展望も見え始めた。春休みには京都へ遊びに行ったし、その後は愛知教育大学の算数講座にも参加して、志水廣先生にも算数のこと、人生のこと、たくさんご指導いただけた。

 ほんとーーーーに、絶好調の3月。このまま、ずーーーっと3月だったらいいのに・・・と、思った。しかし、人生いろいろ、いい時があれば、悪い時もある。人間絶好調の先には、転がり落ちるような坂道が、待っているものだ。

 幸せは、長続きしない・・。

 4月、正確には3月25日、異動内示。心から信頼していた校長先生が、まさかの転出。一報を聞いた時は京都の市バスに乗っていたが、どこへ遊びに行く気にならず、循環線をぐるぐる回っていた。私の頭の中もぐるぐる回っていた。

 特別支援教育について、きちんと勉強されており、いつも子どもたちのために、誠実に対応してくださっていた校長先生の転出は、本当に残念だった。立ち直るのには、時間がかかった。まだ、気持ちの上では立ち直れていないかもしれない。

 しかし、別れもまた世の常。人が交代しても引き継がれていく特別支援教育の在り方を考えていかねばと思った。

 今年の春は、変な春。暖かくなったかと思えば、急に冷え込み真冬並みの気温。

 私の春もそんな感じ。でも、暖かくなったり、寒くなったりしながら、本当の春になるのだ。さあ、また一歩、明日に向かって踏み出そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »