« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

感謝・感謝の志水塾本大会終了

 第八回の志水塾本大会が終了した。私は第一回目からの参加者で、皆勤賞。今年も塾長の志水廣先生、スタッフの皆様に心から感謝。

 特に志水先生は前日に腰を痛められて、大変だったと思うが、最後の講演では、本当に気合と愛にあふれるお話をしていただいた。算数の指導方法の話の底に、人間を見つめ、生き方をも教えていただける話がある。福岡から参加したNさんは、心にしみて、涙が出たといっていた。

 志水先生が最後におっしゃった言葉が、心に残った。「先生たちよりも賢い子どもたちにするんだよ。そうすれば、きっと明るい未来になる。」その通りだ。私たちは子どもたちを王座につかせるためにいるのだ。一人ひとりが人生の王座につき、その人の場所を明るく照らす人にするのだ。

 そんな先生になりたいから、これからも学び続けようと思う。全国の志ある先生方と手をつないで。

 K先生、いつも優しくしてくださって、ありがとうございます。わがままな私を温かく受け止めてくださるので、安心してなんでも相談できます。これからもよろしくお願いいたします。

 鹿児島の「センター・クロマティー」先生も遠い島から帰還した。おかえりなさい!クロマティー先生!!

 そして、もうすぐ帰ってくる、ベルギーの百ちゃん。みんな待っていますよ。早く会いたいよ!

 星占いの通り、今年は何だかすごい年になりそう。感謝、感謝。幸せ。幸せ。ありがとう、みなさん。本当にありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ユニバーサルデザインの授業設計でも・・・

 いくらユニバーサルデザインの授業設計をしても、教師の「授業観」が「知識注入主義」では、本物の学びにならない。

 ある研究発表会の授業を参観していて気付いたことである。「?」と思って、次のクラスに行った。「??」、次のクラスに行った「!!!!」

 教師は子どもに指示して、子どもはその通りに動く。先生の言うとおりにして、見たり、聞いたりしていれば、「よくわかる」ように教材を工夫している。そのために、「聴覚的支援」「視覚的支援」「指示の工夫」などを行う。

 何だか違う。何かが違う。授業がつまらない。子どもが受け身。教師の指示が始まるまで、何も始めない。

「一人一人のニーズに応える授業」というのは、「より分かりやすく、噛み砕いて子どもに伝える」ということなのか?先生が分かりやすく工夫するから、子どもはただ「わからないよー」と待っていればよいのか?

 「学習意欲が高まった」というのは、心の状態なので見えない。学習意欲が高まったというのは、子どもがどのくらい「自発の行動」をしているかにかかっているのでは?

 言われる前に、考えを予測する、ノートに書いてみる、試してみる、言ってみる、やってみる、聞いてみる、確かめてみる。子どもたちが本当に授業にのってきたときは、面白いほど「自発の行動」が増える。

 ある授業で、その瞬間を感じた。

 電卓を使って、割り算の性質を見つけるところだったが、「割る数、割られる数に同じ数をかけても、わっても、答えは同じらしい」と予測がついたとたん、子どもたちは黙って電卓に思い思いの数を打ち込み確かめ始めた。電卓のキーをたたく「カシャカシャ」という音が、教室にザーーッという音に変わり広がった。その後、「ほんとや!」「確かに!」「すごい!」「できたー」「どんな数でもできるんやか?」などの声が上がった。この間、教師の指示はなし。

 子どもが本当にわかって、何かに気付いた時、子どもは何かを始める。そんな自発的な行動がうまれるような授業にしたい。

 もう一度「ユニバーサルデザインの授業とは?」と考えさせられた。

「そもそも」が大事。 本当だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国と地獄

 占いは、本当だった!!

 今年はうれしいこと先行の日々。

 ビックニュースは、恩師 井上雅彦先生が私たちの町に来てくださることが決定!!!

 3月5日から6日は井上先生フル稼働です。

 実は、そんなスケジュールを企画するのは、本当に畏れ多いのだけど、本当にいろんな方々に「是非、井上先生をお招きして!!!」というお声をいただき、今回なんとか無理に無理を言ってOKしていただきました。

 厚かましいお願いに「YES]と行ってくださった先生に感謝・感謝・感謝。

 一緒に交渉していたHさんと「めちゃ、テンションあがるねー!!」と天にも昇る気持ちに。

 よいことは続くもの。いろんなことが進んできた。

 明日は熊本の前田康裕先生を招いた学習会ができる。当初はこじんまりした会にするつもりが、ふたを開けてみると30名位の参加に。ありがたいことだ。

 それから2月には去年お招きした千葉大学の真城先生がまた来てくださることになった。昨年大好評だったので、今回は私たちの実践を聞いていただき、助言していただくことになった。最高!

 さらに、来年度の研修計画の中に、友人の弁護士が危機管理やパワーハラスメントについての学習会講師として来てくれることになった。

 学校の子どもたちも楽しく算数の授業に参加して、ぐんぐん力をつけているし、今回T2として入ったクラスの先生方が、それぞれに算数の授業の工夫をしてくださっている。とてもうれしい。小さなことだけど、毎回授業に使えるコツを取り入れてくださったことが、先生方の力量を感じさせる。頭が下がる思いだ。

 と、有頂天になっていたら、天から罰が・・・・

 スピード違反で捕まった。テンションがダダ下がり・・・・・・・・・・・。

 本当に泣きそうになった。

 「人生プラスマイナスゼロ」って、こういうこと????

 あー、だれか、テンションあげてーーーと叫びたくなった。

 明日に望みをかけよう!! 参加者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

占い

 昨年は「曇り時々晴れ、ところによって豪雨」という感じで、スリリングな年だった。今年はどんな年だろうとネット占いのコーナーを開けてみた。西洋占星術によると、どうやら今年は女王様のようになる運勢らしい。ど、どんな女王様なんだろう?!と進んでみると・・「あなたは女王様のような風格で、人に命令する立場になります。例えば○○○・・」

 無料のところはここまでで、肝心なところは有料だった。

 ふむ、商売上手な人は考えるなあ。でも、結構。ここからは想像しちゃうもんね。きっと、女王様だから、わがままがきくんだろうなー。「地球は私のためにまわってるのよう!」と高笑いできるんだろうなー。「じい、お茶を持て」なんて優雅にいえるんだろうなあ。うれしいなあ。

 ふと、つれあいの顔が浮かぶ。「もう、十分じゃん」伏せ目がちの目がそう言っているような気がした。

 「エリカ様」・・・・そういえばつれあいがこの間私の背に向かってそっと呟いていた。

 確かに、私は女王様の風格は備わっていた。星占い、おそるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月の温泉

年末、年始に一回ずつ温泉に行った。毎月のように温泉ガイドブックを買って研究している。

温泉につかると、湯気の向こうにいろんなアイデアが浮かぶ。20こ位は浮いてくるが、はっと気付いた時は1,2こしか、覚えていない。ああ、残念。でも、まあ、ぼちぼちいこう。

 さて、一つ目は日田市にある温泉。具体的に書いて人が多くなりすぎると困るので、名前は書かないが、良いところだった。大きな露天風呂が男女一つずつと個室の貸切風呂が10種類ぐらい。川沿いで小さな滝の見える一軒宿風の温泉。お湯はやや硫黄のにおいがする温泉。湯上りは、肌がつるつる。1時間2000円。京都から戻ってきている娘と行った。田舎の風景に癒された。

 二つ目。宮崎にドライブにいった帰り、渋滞を避けるため熊本で高速道路を途中下車。今話題の「平山温泉」の「風月」。もう大人気。時間帯がよかったのか、25分ぐらい待つとy入ることができた。ここは全部個室貸切。坪庭がある半露天風呂に入った。娘と二人なら十分。星がきれい。お湯もよし。帰るころには、お肌がスベスベ。さすが「美人の湯」。毎日入りたい!!!!

 今年も温泉を極めたい。おすすめ温泉をご存知の方は、ご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

 あけまして おめでとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。

 さて、昨年もあっという間に過ぎてしまいました。

 今年は、異動して3年目。特別支援教育コーディネーターとして、一つまとめの仕事をしようと思っています。

 やりたいことを10個書いておこう。

 1、授業改善 2、実践のまとめ 3、学習会の組織化と活性化 (以上仕事)

 4、やせる 5、あそぶ(ドラクエ9) 6、つかる(温泉) 7、動く(旅する)

 8、ひみつ① 9、ひみつ② 10、ひみつ③

 このひみつは、今年が終わるころに打ち明けます。お楽しみに。

 すごくサボってしまったこのブログ、今日学習会でY先生に声をかけていただいたので更新する気持ちになりました。Y先生、ありがとうございます。

 初めてこのブログをのぞいてくださった方、ありがとうございます。また時々のぞいてみてください。今年も、思いつくままですが更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »