« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

1学期のごほうび

 1学期のごほうびは、なんと、まだまだ続く!!

1、志水廣先生を招いた校内研修会ができるようになった!

2、日本行動分析学会で、井上雅彦先生のお話をたくさん聞けた!

3、1学期の授業の終わりに、5年生のあるクラスが歌のプレゼントをしてくれた!

4、ドラクエⅨ買った!

 志水先生をお招きしての校内研修会は、4月から、いつかできたらいいなあと思っていたが、思いのほか早く実現した。これも、理解と熱意のある校長はじめ、職員のみなさまのおかげ。先生方に感謝。この研修会が、先生方のお役に立てば、先生方の受け持つ何十人の子ども達が笑顔になれると思う。

 井上先生のお話を、長い時間伺えるのは本当に何年ぶりだったかな。修了生の皆さんとの話を隣でじっくり聞くことができた。ありがたい話です。東京までの○万円は、安い安い。これから自分がしなきゃいけないこともはっきりしてきた。今まで繰り返し話していただいていたのに、なかなか取り組めなかったことにも、この夏、挑戦しようと思う。

 算数。これは、今日の話。1学期最後の授業は「変わり方のきまり」2つの数の変わり方にきまりがあることに気づくこと、また、そのきまりを使って問題を解く。「きまりを見つけたとき、うれしくてたまりませんでした。」というA君、みんなが気づかないきまりを見つけて、みんなに大拍手をもらったB君、しっかり授業に参加できCさん、3人とも「学力が厳しい」と前の担任から引き継ぎがあった子どもたちだ。これは、私の授業も工夫したが、担任の先生の指導が行き届いていたからと思う。

 そのクラスは、いつ教室に行っても、子どもたちが落ち着いていある。気持ちの良い緊張感がある。先生の指示は短く、確実。1つ指示したら、それが徹底しているか確認している。できるようになったことをすごくほめる、よろこぶ。本当に力がある先生だ。最近、授業が成り立たないのを子どもの障害のせいにしている先生の話をよく聞くので、こういうクラスで力を伸ばしている子どもを見ると、やはり教師の授業力アップが先決だろうといいたくなる。

 プレゼントしてくれたのは「Believe」子どもたちの歌声に号泣しそうになるのを、ぐっとこらえてお礼をいった。やはり、私にとって一番の強化子は子どもたちからの反応だった。

 2学期に向けて、本当に力をもらった。子どもたちに感謝!

 追伸:ドラクエⅨ、順調にすすんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »