« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

5月のふりかえり

 ゴールデンウィークの後は、運動会の練習が始まり、あっという間に過ぎてしまった。ブログの更新が滞ったのは、忙しかったことと、毎日いろんなことがありすぎて、話題を取捨選択できなかったこと。

 反省をこめて、5月の出来事ベスト5を書こう。

1、運動会終了!

 昨年から受け持っていた3名の子どもたちは、昨年の運動会に比べると格段の成長を見せた。運動会などの学校行事の練習は学年単位で行われるので、昨年から、スモールステップで交流学級に参加して学習する手立てを打ってきた。基本的には交流学級で学習する内容を、先取りして、予習をしておくこと。交流学級に行ったら、「できた」「わかった」がその子なりに感じられるようにすること。すると、交流学級での学習が楽しくなったり、「一人でできる」という自信になったりする。ある保護者の方は、わが子の成長よりも、うちの学級の子どもたちの成長を見てくれて涙してくださった。子どもたちが変わることで、一人ひとりの可能性の大きさに気づいていただけたら、うちの4人の子どもたちの努力が報われるというものです。子どもたち、ありがとう!!!!

2、使命あるところに人が集まる。

 何かを始めようと思ったことが、天命にかなっているなら、そこに人が集まってくるのだなあと感じる。最近も、高校の同級生で今は弁護士になっているSさんが、私の町の総合福祉施設の理事長と以前から一緒に仕事をしていたことが分かった。世の中は狭い。驚きですが、勇気100倍。いろんな人の手助けがあればこそ、子どもたちも自立への見通しもたってくるだろう。

3、SENSの会

 「SENS」は特別支援教育士の略。福岡支部もできて、九州地区の特別支援教育士の仲間も増えてくるのでは。総会に参加したが、ここでもいろんなネットワークが広がって、情報交換ができてうれしかった。 

4、学生さんたちとのコラボレーション

 学校には福岡教育大学の学生さんたちが学習支援に来てくれている。昨年に引き続き、特別支援学級にも学生さんたちがかかわってくれることになった。学生さんと子どもたちのかかわりをみると、勉強になることがたくさんある。こちらの情報も提供したいが、学生さんたちからの情報も貴重。大学での研究的な視点が実践とどのように結びついていくのか、これからが楽しみである。

5、 ベンツに乗った。

 これは、余談ですが、友だちのベンツに乗せてもらった。車にはほとんど興味がない私も、「これがベンツかーー」とハイテンションになった。庶民だなあ。ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿ニュース

 GWに3つの寿ニュースが入ってきた。一つは、大学院の先輩が出産されたこと。先輩といっても、ストレートの学生さんだったから、年齢は私より一回り以上下です。かわいい赤ちゃんの写真を送っていただいて、幸せをおすそ分けしていただきました。

 二つめは、同じ大学院の後輩たちの結婚。知らなかったーーーー!!!でも、おめでとうございます。これからもABA道を二人して極めて行ってください。

 三つ目は、これまた大学院の同期。このお二人はいつゴールインかな?と思っていたので、これで安心。

 お若い方々の、それぞれの門出をうれしく思っています。これから楽しいことも、苦しいこともいろいろあると思いますが、二人で乗り越えていくことで、二人だけのストーリーが出来上がると思います。え、うち?かなり個性的なストーリーができつつあります。誰にもかけないストーリー展開が、私自身も楽しみです。つれあいは、どう思っているか????ま、ぼちぼちいきましょう! とにもかくにも、本当によかった!おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもからのごほうび

 特別支援学級ができて1年。去年いろんな心配をしながらスタートし、私もいろいろ試行錯誤しながらやってきた。

 家庭訪問で、お母さんたちとこの1年の子どもたちの成長について、たくさんの喜びを共有することができた。子どもたちの成長した姿が、私たちにとって何よりのごほうび。特別支援学級でも、通常学級でも「主体的に」「意欲的に」学習できているかがいつも問われる。

 「主体的」になるには、何かをしたくなるような環境設定と、したあと「よかったなあ」と思うことが大事。そして、子どもたちが好きなことやできることをたくさん見つけてそれからレベルアップしていくこと。

 4月26日の望月昭先生の講演でも「正の強化で維持さ、れる行動選択肢の拡大」がテーマでしたが、「命令、禁止、強制」をできるだけ使わず、「自己決定、自己選択」の場をたくさん作ってきた。そして、できたら、心から喜んだ。喜んでいるんだということを伝えた。すると、子どもたちができることがどんどん増えた。

 Aくんは、運動会に参加できる準備が完璧にできた。Bくんは、交流学級に一人で行ってしっかり授業に参加できるようになった。Cくんは、自分で学習準備をして、45分間、自分で学習することを確かめながら学習に取り組むことができるようになった。

 どれも、ポイントは「環境設定」「正の強化」

 一年間がんばってきたことは、間違いではなかったなあと子どもたちが教えてくれる。風邪を引いてちょっと弱気になっていた私に、強烈なカンフル剤だった。可愛い子どもたち、GWをどうぞ、楽しんでください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »