« 歩くよーん | トップページ | 三木の会 »

新学期

 昨日は始業式。子どもたちは、学年末の締めくくりを迎えた。ということは、私も次の学年の構想を考え始めなければならないということ。

 今年は何しろ立ち上げだったので、無我夢中でしたが、幾つか課題が残った。「もっとできるのでは」という思いと「あまり焦っても」という思いがいつも交錯する。ここで、緻密に子どもたちの記録をとっておくと役に立つ。毎日少しずつ記録していたことが、本当に役立つ授業になっていたか、目標や手立てがいまいちだったかということも振り返ることができる。

 うれしいことに、どの子も、最初に立てた長期目標を達成しつつある。3学期に新しい目標を付け加えていく子どものいる。ただし、達成したといっても、その後の維持がどのくらいできているかは確かめていないこともあるので、それらを確かめつつ、次の課題に取り組んでいくつもり。

 また、学校行事もたくさんあるので、事前の準備をおこたりなく、子どもたちが「これもできたね」と自信が持てるようにしたい。

 今日、○君が帰り際に「明日は休み?」と聞いた。「やっぱりお休みが長かったから、お休みしたいから聞いたのかな?」と思った。「休みじゃないよ。」というと、にこっと笑って「では、また明日、さようなら!」と初めて言ってくれた。4月に入学したときはごあいさつも十分にできなかったのに!今日も○君の大きな一歩を感じている。「では、また明日!」

 

|

« 歩くよーん | トップページ | 三木の会 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新学期:

« 歩くよーん | トップページ | 三木の会 »