« 修学旅行終了! | トップページ | 共に学ぶ仲間、そして恩師 »

日々感謝ということは・・。

 最近、子どもたちの痛ましい事件が頻繁に報道される。学校にいるものの一人として、改めて自分の言動を見直してみる。そして、子どもたちのことも改めて見直してみる。すると、見えてこなかった子どもたちの様子も、見えてくる。 いつの間にか「できない」ことにばかり目を向けていて、カッカとしていた自分にも気づく。

 先週、辻井正次先生のワークショップに参加した。対象は成人のアスペルガー症候群の方とその支援者。辻井先生のやわらかで、分かりやすいお話を午前中伺い、午後はワークショップ。自己理解、感情と身体感覚のつながりをつかむという内容。自分のことをよくふり返っているつもりでも、改めで第三者の目で見ていると、がんばりすぎて力が入っているのに気づく。行ってよかったなあ。

 そう思って、のんびり構えていたら、不思議と子どもたちものんびりしていた。「子どもは大人の鑑」私が知らず知らずのうちに「嫌悪的な刺激」を出していたのだな。席替えをして環境も変えて、私の行動を変えれば、クラスは変わる。当たり前のことだけで、これがなかなか難しい。

 「当たり前」のように給食を準備してくれる子ども、掃除をまじめにする子ども、授業中、よく聞き、よく考え、よく発言してくれる子ども、ジョークで笑わせてくれる子ども、黒板をいつもきれいに拭きあげてくれる子ども、どれをとっても素晴らしい。そのことをちゃんと子どもたちに伝えなかったなあ。日々感謝の気持ちは、やはり言葉で伝えよう。

|

« 修学旅行終了! | トップページ | 共に学ぶ仲間、そして恩師 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 さわこ先生、お元気で活躍されていますね。
 これから教師としてどのように生きていくか。どのような目的や使命を持って教師を続けるか。さわこ先生は光っておられるので、よき実践を粘り強く積み重ねていってください。
 日々出会う子どもたちやこれから出会う子どもたちに元気を与えてください。蔭ながら応援しています。

投稿: 森孝一 | 2006年10月29日 (日) 20時51分

森先生

 子ども達とのかかわりの中で、やはり自分が鍛えられていることが分かります。先生の言葉に勇気をいただきました。本当にありがとうございます。

投稿: さわこ | 2006年11月 1日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々感謝ということは・・。:

« 修学旅行終了! | トップページ | 共に学ぶ仲間、そして恩師 »