追悼 101歳のおばあちゃん

101歳になった私の祖母が3月30日亡くなった。

与えられた命をきれいに、最後まで使いつくしたという感じだった。

乳飲み子を抱え、夫に先だたたれたのが40代半ば、

それから、必死で働いて

9人の子ども、23人の孫、50人を超えるひ孫を残してくれた。

お葬式は4月1日、春の日差しが一杯の日だった。

こんなに日にみんなに見送られるばあちゃんは幸せだね。

じいちゃんや、若くして亡くなったおじさん、おばさんに会えているかな。

ありがとうございました。

私は、私の命を最後まできれいに使っていこうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同窓会・ありがとう!!

 14年?ぶりの同窓会。懐かしい高校を、おじさん、おばさんたち7人で歩く。春休みで静かな校舎が、急ににぎやかになる。30年ぶりの教室。配置はそのまま。ロッカーもそのまま。中庭の桜の樹には、ほころび始めた花が美しい。

 一瞬にしてその当時に戻る気持ち。若々しい気持ちが戻ってくる。そして思い出も。

 散策が終わると、さらに人数が増えて食事会。「誰だっけ?」と笑いながら確かめ合って、思い出を語る。みんな、どうしてた?元気だった?

 人生いろいろだから、きっと苦しいことも悲しいこともあっただろうけど、みんなで集まれば、何の飾り気もなく、素直に話せる。

 この次は8月に会おうね!と言って別れた。

 それまで、みなさん、どうぞお元気で。そしてまた会いましょう。元気をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震!!!

久しぶりの更新です。

大地震です。皆様ご無事でおられるでしょうか。

井上ゼミの修了生の皆様、お世話になった先生方、

皆様のご無事を祈っております。

何かできることがあったら遠慮なくご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

算数授業力アップセミナー・本大会

 1月29日、30日は算数授業力アップセミナーの本大会。年に一度、模擬授業を行う講習会がある。参加者はこれまで各地域で行われた授業力アップセミナーに参加した方やスタッフ経験がある方で限定40名。九州からは10名以上の参加があった。

 中身が非常に濃いものになっていて、参加者全員、模擬授業をする。それを、本部スタッフがコメントする。この形の大会は2回目になるが、今年は参加者も視点を決めてコメントする場面があり、スタッフ養成の側面がある。

 研修中は真剣勝負。でもその後は懇親会で交流する。各地域の報告やこれからの計画を紹介したり、楽しい余興があったりして、本当に楽しい懇親会である。1年に一度、この会でしか会えないメンバーもいて、懐かしくお互いの1年を報告し合う場面もあった。

 同じ地区でも同じ学校に勤めたことはないし、地方からの参加者はそれぞれ遠く離れたところに勤めているのに、なんだか一緒の学校に勤務しているような感覚がある。

 もしかしたら、同じ学校に勤めるより、話している内容が深く、目指すところが一緒だからそう感じるのかもしれない。

 今は小さな集まりかもしれないが、志を同じくする者同士が手をつなぎ合っていくと、こんなネットワークができるのだと思った。

 そんな出会いを作っていただいた志水廣先生に感謝。本部スタッフの皆様に感謝。「ありがとうごさいます」×4×365です。(これは本大会に行った人は分かるよね。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧正月から始まり

あけましておめでとうございます。

何と本年は旧正月から始まります。

しばらくサボっているうちに、いろんな方から「ブログ見てるよ」と声かけをいただきました。そのたびに「最近サボっててすみません」といっていました。

また、気持ちを新たにがんばります。本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

算数授業力アップセミナー・九州大会

 満を持して?授業力アップセミナー九州大会を開催する。これまで志水塾の実技講習に参加された先生方も、「何だそれ?」と思っている方も、ぜひご参加ください。

 志水廣先生からは「子どもも先生もワクワクして算数をしようよ」と言われました。そうですね。子どもたちの「できたよ!」「わかったよ!」という声を聞くと、教師もワクワクします。また、授業中の子どもたちの熱いドラマに、またワクワクします。

 ワクワクする算数の授業とは、どんな授業でしょう。そんなことも、九州大会では話題にしたいですね。

 興味のある方は「志水廣」 「算数授業力アップセミナー・九州大会」で検索していただくと、申込書が見つかります。

(アップしようと思ったけど、失敗しました。すみません。)                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい知らせは突然

 就学相談や進路相談の季節になった。教師の立場でできることは、本人、保護者の選択肢を増やすこと。その為に力をつけていくこと、質の良い情報を伝えること。

 しかし、選択は保護者がされたとしても、本当にそれでよかったのかは、いつも気になる。

 先日、駅でばったりA君のお母さんにであった。進路についていろいろ悩んだと聞いていた。小学校を卒業する時、一緒に考えたり、いろいろ選択肢を考えたりしたが、お母さんもやはり中学校3年間いろいろ悩まれたようだ。

 でも、A君は無事にK高等学園に進学し、陸上やサッカーに活躍しているそうだ。本人からも「お祭りや文化祭には来てください」と元気そうなメールと写真が送られてきた。

 たくさんの子どもたち、保護者と出会ってきたが、その後のよい知らせを聞くと、本当に安心する。一人でも多くの子どもたちが自分の力を出し切り、自分の道を切り開いていくことを願っている。

| | コメント (0)

何と、1か月半のごぶさたでした!

皆様、大変ごぶさたしておりました。

9月は新学期で、楽しいこと、嬉しいこと、満載でした。ブログを書く間もないくらいの、怒涛の日々でした。

8月24日は福岡県教育センターに奥田先生がおいでになりました。ちょうど佐藤方哉先生がお亡くなりになった日だったのですが、しっかり講義していただきました。感謝でした。

9月6日は志水先生と食事会と九州大会の打ち合わせ。

学校ではぞくぞくと授業研究がおこなわれ、そのまとめで大忙し。でも、本校の算数の授業の課題と成果をつかむことができ、先生方に感謝の日々。

そして9月最大のお楽しみは井上雅彦先生においでいただき、講演や親の会でお話していただいたこと。そのあとは長崎での特殊教育学会に参加し、長崎も満喫できたこと。

連休を有意義に過ごした後は、運動会モードに突入。今年も子どもたちのがんばりに感動させられた。

そんなこんなで、あっという間に1カ月半。

今は算数の授業と特別支援教育コーディネーターとして、次の年度の見通しを立てているところ。詳細についてはぼちぼち報告していきます。ブランクは時々ありますが、今後ともお立ち寄りくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

占い当たる?

小倉駅で、ちょっと時間があった。以前から手相が気になっていたので、見てもらった。

「何を占いますか?」速攻で「仕事。」(色気ないなあーーー。)

「そうですね・・・・おや、いろいろ変化がありますね。」「ストレス溜まってますね」「体に気をつけてください。」・・・・まあ、順調に成長している三段腹をみれば、それくらいのことはいえるわな・・・・・

占いやってみるなんて、魔が差したと思ったけれども、最近、また一つ新しい仕事に挑戦することになった。「ヨクカケール」を飲まないといけないのだ。

頼まれたことは基本「はい」といって引き受けることにしている。そこからひとつずつ開けてくるからだ。声をかけてくださったS先生に感謝。これまで学んできたことを集約する機会になると思います。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«同窓会